転職後に医師としてのキャリアを飛躍させるために!具体的な方法と戦略

転職後にキャリアをさらに飛躍させるためには、継続的な学びやネットワーキング、プロフェッショナルな成長戦略が必要不可欠です。

この記事を通じて、キャリアアップのための具体的なアプローチを理解し、自分のキャリアを次のステージへと進めるための道筋を見つけましょう。

  1. 転職後のキャリアアップが重要な理由
    1. 新しい環境での適応と成長
    2. スキルと知識の深化
    3. ネットワーキングと人脈の拡大
    4. キャリアの多様化と柔軟性
  2. 自己評価と目標設定
    1. 自己評価の重要性
      1. スキルと経験の棚卸し
      2. キャリアゴールの明確化
    2. 現実的な目標設定
      1. 短期目標と長期目標の設定
      2. SMART目標の活用
  3. 継続的な学びとスキルアップ
    1. 専門知識の深化
      1. 最新の医療技術とトレンドの習得
      2. 継続教育プログラムの利用
    2. 新しいスキルの習得
      1. 他の医療分野への挑戦
      2. 経営やマネジメントスキルの習得
  4. ネットワーキングと人脈構築
    1. 同僚や上司との関係強化
      1. 定期的なコミュニケーションの重要性
      2. メンタープログラムの活用
    2. 業界ネットワークの拡大
      1. 医学会やカンファレンスへの参加
      2. プロフェッショナルなSNSの活用
  5. プロフェッショナルな成長のための戦略
    1. パフォーマンス評価とフィードバック
      1. 定期的な自己評価と上司からのフィードバック
      2. フィードバックを基にした改善策の実行
    2. リーダーシップと管理職への挑戦
      1. リーダーシップスキルの開発
      2. 管理職ポジションへのステップアップ
  6. 仕事とプライベートのバランス
    1. ワークライフバランスの重要性
    2. ストレス管理とメンタルヘルス
    3. 効率的な時間管理術
    4. 家族とキャリアの両立
      1. 家族の理解とサポート
      2. 家族との時間を大切にする方法
  7. まとめ
    1. キャリアアップのための総括
    2. 自信を持って次のステップへ進むためのアドバイス
      1. 自己評価と目標設定
      2. 継続的な学びとスキルアップ
      3. ネットワーキングと人脈構築
      4. プロフェッショナルな成長のための戦略
      5. 仕事とプライベートのバランス
    3. 今後のキャリアに向けたエンカレッジ

転職後のキャリアアップが重要な理由

転職は、新しい環境での再スタートを切る絶好の機会です。

新しい職場では、これまで培ってきたスキルや知識を活かし、さらに発展させることが求められます。

以下に、転職後のキャリアアップが重要である理由を詳しく説明します。

新しい環境での適応と成長

転職後に新しい職場に適応することは重要です。しかし、適応するだけでなく、その環境で成長し続けることがキャリアアップには不可欠です。新しい職場でのチャレンジを受け入れ、積極的に取り組むことで、自分の能力を最大限に引き出すことができます。

  • :「新しい職場での初めてのプロジェクトに積極的に参加し、自分のスキルをアピールする機会を作る。」

スキルと知識の深化

医療分野は常に進化しており、最新の知識や技術を習得し続けることが求められます。転職後も継続的に学び続けることで、専門知識を深化させ、自分の市場価値を高めることができます。

  • :「定期的に医学会や研修に参加し、最新の医療技術を習得する。」

ネットワーキングと人脈の拡大

新しい職場では、新たな人脈を築くことが重要です。業界内でのネットワーキングを通じて、情報交換や協力関係を築くことで、自分のキャリアに新たな機会をもたらすことができます。

  • :「医学会やカンファレンスで他の専門家と積極的に交流し、新しい知見を得る。」

キャリアの多様化と柔軟性

転職は、キャリアの多様化と柔軟性を高めるチャンスでもあります。新しい分野や役割に挑戦することで、自分のキャリアの幅を広げ、柔軟に対応できる力を身につけることができます。

  • :「臨床以外にも研究や教育に積極的に参加し、キャリアの多様化を図る。」
転職アドバイザー
転職アドバイザー

転職後のキャリアアップは、自分自身の成長と医師としての価値を高めるために不可欠なステップです。

自己評価と目標設定

転職後のキャリアアップを実現するためには、まず自己評価を行い、現実的な目標を設定することが重要です。

このセクションでは、自己評価の重要性や具体的な目標設定の方法について詳しく解説します。

自己評価の重要性

自己評価は、自分の現在の状況やスキル、経験を客観的に見つめ直すためのプロセスです。これにより、自分の強みや改善点を明確にし、キャリアアップに向けた具体的な計画を立てることができます。

スキルと経験の棚卸し

まず、自分の持っているスキルや経験をリストアップしましょう。これにより、どの分野で強みを持っているのか、どの分野でさらなる学びが必要かを把握できます。

  • スキルリスト
    • 診療技術、研究経験、プレゼンテーション能力、リーダーシップスキルなど、具体的なスキルをリスト化します。
    • :「診療技術としては、内視鏡手術の経験が豊富。研究では、○○病に関する論文を執筆した経験がある。」
  • 経験リスト
    • 過去の職歴やプロジェクト、研修などの経験を詳細に記録します。
    • :「総合病院での5年間の勤務経験。○○プロジェクトのリーダーを務めた。」

キャリアゴールの明確化

自己評価が終わったら、次にキャリアゴールを明確に設定します。キャリアゴールを明確にすることで、今後の方向性を定め、具体的な行動計画を立てることができます。

  • キャリアゴールの設定方法
    • 自分がどのような医師になりたいのか、どのような役割を果たしたいのかを考え、具体的なゴールを設定します。
    • :「5年後に専門医資格を取得し、専門クリニックを開業する。将来的には教育分野にも進出し、若手医師の育成に貢献したい。」

現実的な目標設定

キャリアゴールが明確になったら、現実的な目標を設定します。目標は短期目標と長期目標に分けて設定し、それぞれに対する具体的なアクションプランを作成します。

短期目標と長期目標の設定

短期目標と長期目標を設定することで、目標達成への道筋を明確にすることができます。

  • 短期目標
    • 1年以内に達成したい具体的な目標を設定します。
    • :「半年以内に最新の治療法を習得し、実際の診療に応用する。1年以内に学会で発表する。」
  • 長期目標
    • 3年から5年以内に達成したい目標を設定します。
    • :「3年以内に専門医資格を取得し、5年以内に専門クリニックを開業する。」

SMART目標の活用

目標設定にはSMART(Specific, Measurable, Achievable, Relevant, Time-bound)原則を活用し、明確で達成可能な目標を立てます。

  • 具体的(Specific)
    • 目標を具体的に設定します。
    • :「糖尿病患者の血糖値管理に関する専門知識を深める。」
  • 測定可能(Measurable)
    • 目標が達成されたかどうかを測定できるようにします。
    • :「1年以内に関連する研修を3回受講し、2つの学会で発表する。」
  • 達成可能(Achievable)
    • 現実的に達成可能な目標を設定します。
    • :「現状の勤務状況を考慮し、月に1回の研修参加を目指す。」
  • 関連性(Relevant)
    • 自分のキャリアゴールに関連する目標を設定します。
    • :「将来の専門クリニック開業に向けて、糖尿病治療の専門知識を深める。」
  • 期限付き(Time-bound)
    • 目標達成の期限を設定します。
    • :「1年以内に目標を達成する。」
転職アドバイザー
転職アドバイザー

これらの方法を活用することで、自己評価を基に現実的な目標を設定し、キャリアアップに向けた具体的な計画を立てることができます。

継続的な学びとスキルアップ

転職後のキャリアアップを実現するためには、常に学び続け、スキルを向上させることが不可欠です。

このセクションでは、専門知識の深化や新しいスキルの習得について具体的な方法を紹介します。

専門知識の深化

医療分野は日々進化しており、最新の技術やトレンドを学び続けることが重要です。専門知識を深化させることで、医師としての価値を高め、キャリアアップに繋げましょう。

最新の医療技術とトレンドの習得

最新の医療技術やトレンドを習得するためには、定期的に研修やセミナーに参加することが有効です。

  • セミナーやワークショップの参加
    • 最新の医療技術やトレンドについて学ぶために、セミナーやワークショップに積極的に参加しましょう。
    • :「定期的に開催される医療技術セミナーに参加し、新しい手術法や治療法について学ぶ。」
  • 専門誌やオンラインリソースの活用
    • 専門誌やオンラインリソースを活用して、最新の研究結果や医療技術の情報を収集します。
    • :「医学専門誌やオンラインの医療ニュースサイトを定期的にチェックし、最新の医療情報を把握する。」

継続教育プログラムの利用

継続教育プログラムを利用することで、常に最新の知識をアップデートし続けることができます。

  • オンラインコースの受講
    • オンラインで提供される継続教育プログラムに登録し、自分のペースで学びを続けます。
    • :「オンラインの継続教育コースに登録し、週に1回のペースで新しい知識を習得する。」
  • 学会や研修の参加
    • 定期的に学会や研修に参加し、最新の研究結果や技術を直接学ぶ機会を作ります。
    • :「年に数回開催される学会に参加し、最新の研究成果や技術を学ぶ。」

新しいスキルの習得

専門分野に限らず、新しいスキルを習得することで、医師としてのキャリアの幅を広げることができます。他の医療分野への挑戦や経営・マネジメントスキルの習得が有効です。

他の医療分野への挑戦

新しいスキルを習得するために、他の医療分野にも挑戦することが重要です。

  • 診療科の異動や研修
    • 他の診療科での研修に参加し、新しい分野の知識や技術を学びます。
    • :「内科医として働いている場合、外科や小児科の研修に参加し、幅広い医療知識を身に付ける。」
  • クロストレーニング
    • 複数の診療科での経験を積むことで、総合的な医療スキルを向上させます。
    • :「総合病院でのクロストレーニングプログラムに参加し、幅広い診療スキルを習得する。」

経営やマネジメントスキルの習得

医療機関の経営やマネジメントスキルを習得することで、将来的なキャリアアップに繋がります。

  • 経営学のコース受講
    • 医療経営やマネジメントに関するコースを受講し、クリニックや病院の運営に必要な知識を習得します。
    • :「医療経営学のコースに参加し、財務管理や組織運営の基本を学ぶ。」
  • 管理職へのステップアップ
    • 管理職ポジションへのステップアップを目指し、リーダーシップスキルやチームマネジメントのスキルを磨きます。
    • :「現在の職場でのリーダーシップ研修に参加し、管理職としてのスキルを習得する。」

これらの方法を実践することで、継続的に学び続け、新しいスキルを習得することができます。

転職アドバイザー
転職アドバイザー

これにより、医師としての価値を高め、転職後のキャリアアップを実現することができるでしょう。

ネットワーキングと人脈構築

キャリアアップを実現するためには、同僚や上司との関係を強化し、業界内でのネットワークを広げることが不可欠です。

このセクションでは、効果的なネットワーキングと人脈構築の方法について具体的に解説します。

同僚や上司との関係強化

同僚や上司との良好な関係を築くことで、職場での働きやすさやサポート体制が向上します。また、キャリアアップの際にも有益なアドバイスや推薦を受けることができます。

定期的なコミュニケーションの重要性

日常的にコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことが大切です。

  • 定期的なミーティング
    • 定期的なミーティングを通じて、業務の進捗や課題を共有します。これにより、上司や同僚との信頼関係が深まります。
    • :「週に一度のチームミーティングで進捗状況を報告し、意見交換を行う。」
  • ランチや休憩時間の活用
    • ランチや休憩時間を利用して、同僚とカジュアルなコミュニケーションを取ることで、親近感を深めます。
    • :「ランチタイムに同僚と一緒に過ごし、仕事以外の話題で交流を深める。」

メンタープログラムの活用

メンタープログラムを活用することで、経験豊富な医師からのアドバイスや指導を受けることができます。

  • メンターとの定期的な面談
    • メンターと定期的に面談を行い、キャリアに関する相談やアドバイスを受けます。
    • :「月に一度、メンターとの面談を設定し、キャリアアップのアドバイスをもらう。」
  • メンターからのフィードバック
    • メンターからのフィードバックを受け入れ、自分の成長に活かすことが重要です。
    • :「メンターからのフィードバックを基に、自分のスキルやアプローチを見直す。」

業界ネットワークの拡大

業界内でのネットワークを広げることで、新たな情報やチャンスを得ることができます。

医学会やカンファレンスへの参加

医学会やカンファレンスに参加することで、最新の研究や技術を学び、業界内の専門家と交流する機会を得られます。

  • 学会でのプレゼンテーション
    • 自分の研究や成果を発表することで、他の専門家からのフィードバックを得られます。また、自分の存在をアピールする機会にもなります。
    • :「年に一度、学会で研究成果を発表し、他の専門家からの意見を聞く。」
  • ネットワーキングセッションの活用
    • 学会やカンファレンスのネットワーキングセッションを活用し、新しい人脈を築くことができます。
    • :「カンファレンスのネットワーキングセッションで積極的に他の参加者と交流する。」

プロフェッショナルなSNSの活用

LinkedInなどのプロフェッショナルなSNSを活用することで、業界内のネットワークを広げるとともに、自分の専門知識や経験を発信できます。

  • プロフィールの充実
    • 自分の専門知識や経験を詳細に記載し、プロフェッショナルなプロフィールを作成します。
    • :「LinkedInのプロフィールを充実させ、自己紹介や職歴、スキルを詳細に記載する。」
  • 定期的な投稿と交流
    • 定期的に専門知識や業界のニュースを投稿し、他のプロフェッショナルと交流することで、ネットワークを強化します。
    • :「最新の医療研究についての記事を投稿し、他の医師と意見交換を行う。」

これらの方法を実践することで、同僚や上司との関係を強化し、業界内でのネットワークを広げることができます。

転職アドバイザー
転職アドバイザー

これでキャリアアップに必要な情報やサポートを得やすくなり、転職後の成功に繋がります。

プロフェッショナルな成長のための戦略

転職後のキャリアアップを実現するためには、自己評価とフィードバックの活用、リーダーシップスキルの開発、管理職への挑戦など、戦略的なアプローチが必要です。

以下に、具体的な方法を解説します。

パフォーマンス評価とフィードバック

定期的な自己評価と上司からのフィードバック

自己評価と上司からのフィードバックは、自己成長に欠かせない要素です。定期的にこれらを行うことで、自分の強みと改善点を明確にし、具体的なアクションプランを立てることができます。

  • 自己評価の重要性
    • 自分自身で定期的にパフォーマンスを評価し、目標達成度やスキルの成長を確認します。
    • :「毎月、自分の目標達成状況を確認し、達成度を自己評価する。」
  • 上司からのフィードバック
    • 上司との定期的な面談を通じて、フィードバックを受け取ります。具体的な改善点や成功事例を共有し、次のステップに活かしましょう。
    • :「四半期ごとのパフォーマンスレビューで上司からフィードバックをもらい、具体的な改善策を立てる。」

フィードバックを基にした改善策の実行

フィードバックを受けたら、それを基に具体的な改善策を実行します。これにより、継続的に成長し、パフォーマンスを向上させることができます。

  • 具体的な改善策の立案
    • フィードバックをもとに具体的な改善策を考え、実行に移します。目標達成に向けたステップを明確にしましょう。
    • :「フィードバックを受けて、業務効率を上げるための新しいアプローチを試してみる。」
  • 継続的な改善
    • 改善策を実行し、その効果を定期的に評価します。必要に応じて修正を加えながら、継続的に改善を図ります。
    • :「改善策を実行し、毎月その効果を評価し、必要に応じて調整する。」

リーダーシップと管理職への挑戦

リーダーシップスキルの開発

リーダーシップスキルを開発することで、チームを効果的に導き、組織全体のパフォーマンスを向上させることができます。

  • リーダーシップ研修の参加
    • リーダーシップスキルを磨くために、研修やセミナーに参加します。具体的なケーススタディやロールプレイを通じて実践的なスキルを身に付けましょう。
    • :「リーダーシップ研修に参加し、チームマネジメントのスキルを学ぶ。」
  • 実践的なリーダーシップ経験
    • 小規模なプロジェクトやチームリーダーの役割を積極的に引き受け、実践的なリーダーシップ経験を積みます。
    • :「新しいプロジェクトのリーダーとして、チームを率いる経験を積む。」

管理職ポジションへのステップアップ

管理職へのステップアップを目指すことで、キャリアの幅を広げることができます。具体的な計画を立て、目標達成に向けて努力しましょう。

  • キャリアパスの明確化
    • 自分がどのような管理職ポジションを目指すのかを明確にし、そのための具体的なキャリアパスを計画します。
    • :「3年以内に部門長ポジションを目指し、そのためのスキルや経験を積む計画を立てる。」
  • 必要なスキルの習得
    • 管理職に必要なスキルを習得するために、継続的な学びを続けます。例えば、経営学やマネジメントのコースを受講します。
    • :「経営学のオンラインコースを受講し、管理職に必要な財務管理や組織運営のスキルを学ぶ。」
  • 上司やメンターからのアドバイス
    • 上司やメンターからのアドバイスを積極的に受け入れ、管理職ポジションへのステップアップに向けた具体的な行動を取ります。
    • :「メンターからのアドバイスを基に、自分のキャリアプランを修正し、管理職ポジションに向けた準備を進める。」
転職アドバイザー
転職アドバイザー

これらの戦略を実行することで、プロフェッショナルとしての成長を促進し、キャリアアップを実現することができます。

仕事とプライベートのバランス

転職後のキャリアアップを目指すためには、仕事とプライベートのバランスを保つことが重要です。

このセクションでは、ワークライフバランスの重要性、ストレス管理とメンタルヘルス、効率的な時間管理術、家族とキャリアの両立について具体的な方法を解説します。

ワークライフバランスの重要性

ワークライフバランスは、仕事とプライベートの時間を適切に分け、どちらも充実させるためのバランスを指します。バランスが取れていると、ストレスが軽減され、全体的な生活の質が向上します。

  • 心身の健康維持
    • 適切なワークライフバランスを保つことで、心身の健康を維持しやすくなります。過労やストレスの軽減に繋がります。
    • :「定時で仕事を終わらせ、週末はしっかりと休息を取ることで、心身の健康を保つ。」
  • 仕事のパフォーマンス向上
    • 休息をしっかり取ることで、仕事中の集中力や効率が向上します。これにより、業務のパフォーマンスも高まります。
    • :「プライベートの時間を大切にすることで、仕事中の集中力を維持し、効率的に業務を進める。」

ストレス管理とメンタルヘルス

メンタルヘルスの維持は、長期的なキャリアアップにおいて非常に重要です。ストレスを適切に管理し、メンタルヘルスをケアする方法を実践しましょう。

  • リラクゼーション法の取り入れ
    • 瞑想や深呼吸、ストレッチなどのリラクゼーション法を取り入れ、日常的にリラックスする時間を作ります。
    • :「毎朝10分間の瞑想を行い、心をリフレッシュする時間を作る。」
  • 定期的な運動
    • 運動はストレスを軽減し、メンタルヘルスを向上させる効果があります。定期的に運動を行い、体を動かすことを心がけましょう。
    • :「週に3回、ジョギングやジムでのトレーニングを行い、ストレスを発散する。」

効率的な時間管理術

時間管理を効率的に行うことで、仕事とプライベートのバランスを保つことができます。

  • タスクの優先順位付け
    • 仕事のタスクに優先順位を付け、重要なものから取り組むことで、効率的に業務を進めます。
    • :「毎朝、今日のタスクをリストアップし、重要度に応じて優先順位を設定して取り組む。」
  • タイムブロッキング
    • 1日のスケジュールを時間単位でブロック化し、特定の時間帯に特定のタスクを集中して行う方法です。
    • :「午前中は診療に集中し、午後は書類作業や研究に時間を割り当てる。」

家族とキャリアの両立

家族との時間を大切にしながらキャリアを築くことは、長期的な満足度を高めるために重要です。

家族の理解とサポート

家族の理解とサポートがあることで、仕事とプライベートのバランスを保ちやすくなります。

  • コミュニケーションの強化
    • 家族と定期的にコミュニケーションを取り、仕事の状況やプライベートの予定を共有することで、理解を深めます。
    • :「毎週末に家族と一緒に過ごす時間を作り、仕事の状況や今後の予定を話し合う。」
  • サポートのお願い
    • 家族にサポートをお願いすることで、仕事に集中しやすくなります。家庭内での役割分担を明確にすることも効果的です。
    • :「仕事が忙しい時期には、家族に家事や子供の送り迎えを手伝ってもらう。」

家族との時間を大切にする方法

家族との時間をしっかりと確保し、質の高い時間を過ごすことで、家族との絆を深めることができます。

  • 週末や休日のプランニング
    • 週末や休日には、家族と一緒に過ごす時間を計画し、リラックスするためのアクティビティを楽しみます。
    • :「週末には家族でピクニックに出かけたり、一緒に料理を楽しんだりする時間を作る。」
  • クオリティタイムの確保
    • 忙しい日常の中でも、家族とのクオリティタイムを意識的に確保します。短い時間でも質の高いコミュニケーションを心がけましょう。
    • :「毎晩、子供と一緒に絵本を読んだり、家族でディナーを楽しむ時間を持つ。」
転職アドバイザー
転職アドバイザー

これらの方法を実践することで、仕事とプライベートのバランスを保ち、健康的で充実した生活を送ることができます。

まとめ

キャリアアップのための総括

転職後のキャリアアップを実現するためには、自己評価と目標設定、継続的な学びとスキルアップ、ネットワーキングと人脈構築、プロフェッショナルな成長のための戦略、そして仕事とプライベートのバランスを取ることが重要です。

これらの要素をバランスよく取り入れることで、医師としての価値を高め、長期的に充実したキャリアを築くことができます。

自信を持って次のステップへ進むためのアドバイス

転職後のキャリアアップに向けて自信を持って進むための具体的なアドバイスをいくつか紹介します。

自己評価と目標設定

自分のスキルや経験を定期的に見直し、具体的なキャリアゴールを設定しましょう。SMART目標を活用して、達成可能な目標を明確にし、実行に移すことが大切です。

  • 実行例:「半年ごとに自己評価を行い、次の半年間の具体的な目標を設定する。」

継続的な学びとスキルアップ

最新の医療技術やトレンドを常に学び続け、専門知識を深化させましょう。新しいスキルの習得にも積極的に取り組むことで、キャリアの幅を広げることができます。

  • 実行例:「オンラインの継続教育プログラムに登録し、月に1つ新しいコースを受講する。」

ネットワーキングと人脈構築

同僚や上司との良好な関係を築き、業界内でのネットワークを広げることで、新たな情報やチャンスを得ることができます。医学会やカンファレンスへの参加、プロフェッショナルなSNSの活用を積極的に行いましょう。

  • 実行例:「年に2回の医学会に参加し、業界内でのネットワークを広げる。」

プロフェッショナルな成長のための戦略

自己評価とフィードバックを活用し、具体的な改善策を実行することで、継続的な成長を目指しましょう。リーダーシップスキルを開発し、管理職へのステップアップを計画的に進めることも重要です。

  • 実行例:「四半期ごとに上司とのパフォーマンスレビューを行い、フィードバックを基に改善策を実行する。」

仕事とプライベートのバランス

ワークライフバランスを保ち、心身の健康を維持することが長期的な成功に繋がります。効率的な時間管理を行い、家族との時間を大切にすることで、充実した生活を送ることができます。

  • 実行例:「毎週末は家族と過ごす時間を確保し、リフレッシュする。」

今後のキャリアに向けたエンカレッジ

キャリアアップには、自信と前向きな姿勢が欠かせません。以下のポイントを心に留め、次のステップへ進むためのエンカレッジを行います。

  • 自己信頼の構築
    • 自分の能力を信じ、常に前向きな姿勢を持ちましょう。挑戦を恐れず、新しい機会を積極的に取り入れることが重要です。
    • 実行例:「新しいプロジェクトや役割に積極的に挑戦し、自分の可能性を広げる。」
  • 継続的な成長意欲
    • 成長を続けるための意欲を持ち続けることが、長期的なキャリアの成功に繋がります。常に学び、新しいスキルを習得する姿勢を維持しましょう。
    • 実行例:「毎年、新しい専門分野やスキルを学ぶ目標を設定し、達成する。」
  • サポートネットワークの活用
    • 家族や同僚、メンターからのサポートを積極的に受け入れ、支え合いながら成長を目指しましょう。助け合うことで、困難な時期も乗り越えやすくなります。
    • 実行例:「定期的にメンターと面談を行い、アドバイスを受けながらキャリアプランを進める。」

あなたの努力と情熱が、転職後のキャリアアップを実現し、医師としての新たなステージへと導くでしょう。

転職アドバイザー
転職アドバイザー

自信を持って次のステップへ進み、充実したキャリアと生活を築いてください。あなたの成功を心から応援しています。

タイトルとURLをコピーしました